2008年04月07日

日本の宅配便は素晴らしい!−宅配便西洋事情

ネットショップは、ネットで商品を注文していただき、迅速に商品を安全確実にお届けするビジネスですので、下流のサプライチェーンとして宅配便の存在なくしては成り立ちません。 

「バーチャル系」のネットビジネス(ネットショップなど)と「リアル系」の世界をつなぐのが宅配業者・宅配便であり、共存共栄の関係ですが、その宅配便のサービス・パフォーマンスの良さがネットビジネスを支えているといっても過言ではありません。

日本の宅配便のサービスレベルはとても素晴らしく感嘆ものです。 沖縄・離島を除いて日本全国どこでも最短で1〜2日で届きます。 しかも、配達日と細かい配達時間指定(土日含めて午前、午後2時間おき、夜間6時〜9時)もできます。 不在の時には、不在配達票が入り、電話をすればその日の内に夜でも再配達してくれます。 また、都合が悪くなれば、指定した配達日時を直前でも変えてくれる融通も利きます。 

また、代金引換え、電子マネーなどの決済サービスや食品などのクール便など多様なサービスを提供しています。 この配達時間精度の高さと大事な荷物を安全確実に届けてくれる信頼度の高さは、実は日本だけのようです。 日本の宅配便のサービス水準は世界一で、国際比較で見ると有りえない過剰とも言えるほどのとてつもないサービスの良さなのです。

では、海外の宅配便事情はどうなのか?  ネットで海外の宅配便事情を調べてみると、まとまった「海外宅配便事情」的な資料は発見できなかったのですが、海外に住んでいる(住んだ)方が一様に、日本の宅配便の素晴らしさ、凄さをブログで投稿されています。  検索した中から海外の実情が分かる記事をピックアップしてみました。

1)スウェーデン滞在の方のブログスウェーデンに戻ってきたばかりだと言うのに、日本の恋しいものを書いちゃいます。 →第2位:宅急便〜!クロネコやら、セールスドライバー、着払いに、電子マネー使用可、なんて素晴らしいシステム!
宅急便のおかげで、自家用車を持たない人、お年寄り、体の不自由な方、不便な場所に住んでいる人、その他にも、普通に忙しい毎日を送る人々、みーんな便利な生活が出来る。
宅急便というシステムが存在しないスウェーデン。めちゃ不便!車の運転が出来ない人は、大きな荷物も運べないし、重い荷物の運搬もいつも誰かに頼まないといけない。成田空港へのスーツケース配達も、いつも「楽だな〜」としみじみ・・・

(ちなみに、この方の恋しいもの第1位は「ウオッシュレットのトイレ」でした!)

2)ドイツ滞在の方のブログドイツでは、日本の宅配便に相当するサービスが存在していないため、小包はすべてドイツポスト、つまり郵便局を利用することになりますが、受け取り時間の指定はもちろん受取日の指定すらできません。ですから、一度受け取りを逃してしまうと、ドイツポストの営業時間内に不在通知に指定された局へ行き荷物を受け取る必要があります。

3)フランス滞在の方のブログフランスでは・・・家にずっといたのに不在者配達が入ってて、どんなに大きな荷物でも郵便局まで引き取りにいかなければならず、郵便局には長い列。いやいや、不在者配達が入っていればいいほうかも。それすら入ってなくて、日本に送り返された話も珍しくないもんねぇ

4)シンガポールから帰国された方のブログ:第13話 宅配便・・・日本の宅配便のサービスの変化にはびっくり。いつのまにかサービスの種類が豊富になっているんですね。そして、一番びっくりしたのが、2時間毎に設定できる受け取り時間です。しかも夜遅くまで対応してくれているのにびっくりです。

というのも、こんなサービスはきっと日本だけではないでしょうか?そして、日本だからこそ出来るサービスかな?と思います。もし、シンガポールであったら、2時間毎で指定しても、きっとその時間には来ないでしょうし、来たらもうびっくりもの!そして、受け取る側もその時間きちんといるかどうか何だか不安です。多分いる確率は半分以下でしょう(笑)。それにしても、寒い中、そして遅い時間でも元気に笑顔で配達してくれる日本の宅配便のドライバーの皆さんには、本当に頭が下がります。日本はすごい国ですよ。

5)アメリカに滞在の方のブログ:アメリカの宅配便は超不便・・・車がなくて遠くへお買い物に出かけられないため、日本でもときどき使っているAmazon.comの通販を使ってみました。昼間はアパートにはいないので、UPSの不在通知がドアに貼られていました。UPSは3回まで配達してくれて、それでも受け取りができなかったら荷物を返送してしまうようです。 そういうわけで、あと2回のうちに受け取らなければならないのですが、困ったことに土日祝日の配達はありません。配達日は指定できますが、配達時間までは指定できないようです。こんなことでは一人暮らしの社会人とかだと荷物を受け取ることはできないのではないかと思ってしまいます。

日本ではクロネコヤマトの営業所までよく荷物を取りに行っていましたが、UPSの営業所はサクラメントにあるようなので、取りに行くことはできません。どうやら、平日にアパートでずっと荷物を待っているしかないようです。アメリカの宅配会社のサービスはどうしようもなく低レベルです。日本のクロネコヤマトは本当に素晴らしかったとただただ感動するばかりです。

☆→如何でしょう、我々日本人は当たり前のように思っている日本の宅配便のサービスが海外との比較では、如何に優れているか! 世界一!であるかが分かると思います。 素晴らしい物流システムを作り上げた日本の宅配便会社、また、それを末端で支えている宅配ドライバーさんに感謝多謝です。

<参考>宅配便−Wikipedia

(上記記事は、@あるん(あっとあるん):団塊シニアのお役立ち情報コミュニティとの同時投稿記事です。)


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ヤマト  [ ヤマト ]   2008年04月08日 11:22
ヤマト一挙紹介!

この記事へのコメント

1. Posted by mbt shoes canada   2014年05月02日 12:13
mbt shoes canada outlet 団塊エンジニアのmy−X:日本の宅配便は素晴らしい!−宅配便西洋事情 - livedoor Blog(ブログ)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索
Profile
gomise
今となっては時代遅れの団塊世代の元エンジニア 
現役の頃の開発伝説、思い入れ、興味領域への意見、ネクスト・ライフ、など「勝手気ままなエトセトラ」をブログを活用して蓄積し、併せて自分の記録にもなればと思っています。

    gomise@gmail.com
Amazonサーチボックス
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
Googleサーチボックス